プリザーブドフラワーについて
プリザーブドフラワーとは?
 
■生花に長期間保存するための特殊加工を施した長期間楽しめるお花です。湿度の低いヨーロッパでは5〜10年、梅雨のような湿気が多い季節があり気候の変化が激しい日本では1〜2年程はの美しい姿を楽しめます。飾る場所や保管状態によっては、1〜2年以上、美しい状態を保つことも可能です。
 
■生花のような瑞々しさと色の鮮やかさが特徴です。
また生花にはない色を楽しめるのも魅力です。
その色や質感は加工されるメーカーごとに微妙に違ってきます。
 
■お水をやるといった日々のお手入れは不要なので、手間もかかりません。
 
■また花粉や香りがないので、花粉アレルギーのある方にも、安心して楽しんで頂けます。
手間もなく香りも花粉もないため、お見舞いなどに贈るにも最適です。
店舗などでも、香りが邪魔する事もないので、開店祝いや開業祝にも適した贈り物になります。
 
 
プリザーブドフラワーを長く美しく保つために
 
  プリザーブドフラワーを長く楽しんでもらうためのポイントです。
■決して水分を与えないでください。カビの発生や色落ちの原因になります。
(香水等も変色やカビの原因になりますので、かけないように注意してください。)
 
■直射日光やエアコンの直風の当たる場所、湿気の多い場所を避けて置いて下さい。色あせや痛みの原因になります。
 
■湿度の高い場所では、花びらが半透明になることがございますが、湿度が下がると元に戻ります。
 
■色の濃い花に触れている部分は色移りが起こる場合がございます。
その場合の保証は、お引き受けできませんので、衣類・壁・カーテン等につかないように十分ご注意下さい。
 
■とてもデリケートなため、お取り扱いには十分注意してください。
また、小さなお子様やペットのいるご家庭では、誤って口にしないように保管や装飾場所にご配慮ください。
 
プリザーブドフラワーのお手入れ方法
 
特にお手入れの必要はありませんがホコリ等気になってきた場合は以下の方法でケアしてあげて下さい。
■ホコリの付着が気になる場合は直接手や布で触ることなく、筆など柔らかいもので優しく落としていただくか、うちわで軽く扇いだり、ドライヤーの弱冷風を少し離れたところからあててホコリを取り除いてあげてください。
 
■湿気が高いと染みのようなものが出る場合がありますので、ドライヤーの弱温風を少し離れた場所から軽く当ててあげると元に戻る場合がございます。